上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


まず、以下の3点を確認の上、読み進めてくださいまし。
1.最後までやってない(メルセデスクリアまで)
2.PS2版もやってない
3.ヴァニラウェア信者気味


本当に丁寧に作られてる。さすがヴァニラウェア。
シナリオは1キャラ完結したら次のキャラ、みたいに5人を1人ずつクリアしていく感じ。
同時系列で5人の主人公が同時に動いてるイメージなので、
結構入り組んでて初回じゃ全部はわからなそう。
ただ、時系列順にイベントが整理されててリプレイもできるみたいだから、
クリアしたらじっくり見るって楽しみ方も。
各々のストーリーはそんなに長くなくて、やる人がやれば5時間とか?もっと早いかも。

各主人公のお話はよくまとまってるなーと思うんだけど、
他キャラを見た後だと
"あぁ、これで完全勝利みたいな雰囲気だけど、この後他の主人公にやられちゃうんだよな…。"
みたいな虚しさが若干。全キャラクリア後にもイベントがあるっぽいから、それに期待。

操作性はほとんど朧村正。
技はゲージ回復が早いPOWを消費するタイプと
敵を倒したりするたびにちょっとずつ回復するPPを消費するタイプがあって、
POWを使う技はかなり連発できるのでバサバサなぎ倒す感じでプレイできる。
単調…と思いきや、ボスはただ切ってるだけじゃ倒せなくなってくるので
ちゃんと攻撃パターン見て避けて、隙を見て攻撃、怯んだらたたみかけるーみたいな駆け引きも必要。
死んでもすぐ手前で復活できたり、戦闘途中でも倒した後でもその戦闘を初めからやり直したりできるから、
様子見ながら適当に攻撃して、死んだら次が本番、なんてことも気軽にできる。

技もおそらく5人全員全く別物で、一度別キャラで倒したボスも比較的新しい感覚で倒せる。
特にメルセデスは別ゲー。溶岩のとこのアレなんなんだよ、めっちゃ笑ったわっ!
ドラゴンズクラウン程ではないけど、各キャラ得手不得手なボスが分かれてる気がする。

よく言われるヴァニラウェア=料理。
今回は種類が豊富。豊富すぎて全部見れないよ、ってくらい豊富。
普通の料理はナイフ&フォーク、スープ系はスプーンで食べたり、
ちゃんともぐもぐしてたり、食べた後は上品に口を拭いたり、
フルーツとか食べた後は指をペロペロしたり…
半分食べた状態の料理の絵もまた素敵。
ただ、画面に対して料理が小さすぎるのが残念。

純粋に"ウマそう…食いてぇ…"ってなるのは朧村正が上。
あのコマ数と画像数は頭おかしいレベル(褒め言葉)だから比較としては適正でないかもしれない。
ドラゴンズクラウンはキャンプ中の料理ってことで、ごった煮系やゲテモノ料理が多く、
"美術品"として見るとすごいけど料理としてはそんなに惹かれないw

不満点
こういうシステムならなおのこと、主人公を自由に選べるようにして欲しかった。
ストーリーを重視する上では仕方のないことではあるのだけど。
順番的に、シナリオの核心に近そうなベルベットが最後に来るのだろうし。

戦闘毎にランク判定があるのだけど、いまいちSをとってもお得感がない。
最初のうちは、気軽にやり直しもできるので全S狙ってたけど、あまり意味はなかった。
エリア全部でSとるとボーナス、みたいのは欲しかったなぁ。

あと、鍵とかテキストとか見つける度に掲げてキラキラー(ゼル伝トライフォースの"ででででー↑"みたいなの)は
頻繁に起こる割には硬直時間長すぎなんじゃないだろうか。
他がテンポ良すぎてそこが気になってるだけかもしれない。


…というわけで、朧村正が楽しめた人なら買って全く損はない。
やったことない人でも、アクションが苦手でも、
ストレス少なくできると思うので、普通にお勧めできるゲームだと思う。
さぁ買え、買うんだ。
スポンサーサイト

2016_01_30


またニコニコニュースネタ。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2005329?ver=video_q

こんな言葉を大真面目に使うのはどうかとは思うけど、
どうにも批判コメが気に入らない。
こんなところで批判してる人はお察しな訳だが!w(自分も自分ry

まず背景を考えてみようか。
些細なミスでそんな言葉を発する人間なんてさすがにいない。
明らかに社会人として逸脱した行動(無断欠勤、客への態度など、即会社の不利益になるようなこと)や
何度も何度も同じこと注意してるのに直らなかったり…。

そんな時は「もう帰れよ…」と言いたくなるのはわからないでもない。
だけど、本人には何が悪いのかわかってないからそんな行動をとる。
だからわかるように説明しなきゃいけない。それが上に立つ人の仕事。そこは放棄すべきじゃない。
注意してまだ同じ行動をとってしまうのであれば、違う言い方、別の方向から説明する必要がある。

ただ、そんなに時間が取れない仕事も多いでしょう。
特に、上司がまだ新人だった頃に説明してくれる人がいなくて"上司の背中を見て育った"という人であればなおのこと。
「自分が新人の時にやったことがなぜできない?」なんて考え方になるのは、ある程度はしょうがないよね。
それを下の人間が「上が説明すべきことをしてないから悪い。下ができないのは当然」
とだけ言って批判するのははたして正しいことなのかな?
上に説明の義務があるように、下にはわからないことを明確にしてそれを上司に聞いて解決する義務がある。
それを放棄している人にどれほどの説得力があろうか。

…あ、冒頭の茶番は完全否定します。あんなもんギャグだろ。
「イヤです」の代わりに、どこがどう悪いのか、どう改善すべきなのか聞き返せたら骨のある部下だなーって思うかも。
そこまで言える部下ならそもそも帰れなんて言われないかw
2016_01_26

遅あけおめ

category: ご挨拶  

あけましておめでとうございます。
スーパー亀更新ですが、亀らしく着実に作っていきますので、
今年もよろしくお願いします。

…去年と同じっ!それじゃダメじゃん!

確実に進んではいるんですよ。もうストーリーは完結していて、
あとはエンディング、その他諸々のイベント、敵シンボル配置、ゲームバランスなどを作り込んでいくだけ。 …だけ。
そこがまた長いんですけどねー。あとイベント絵も相当時間かかるのよね。やれやれ。

ある程度敵配置とバランスが満足いくところまで出来たら、体験版でも(そればっか
ずーっとうpうp詐欺してるけど、そろそろ本当に形が見えてるので、うpしたら体験お願いしますw
ネットワークとか試してもらわないと心配でリリースできないしね。

ただし時期はほぼ未定。えぇ、今年中にはっ!
…あ、でも今年はゲームやる方が忙しいし…うぅむ…。
2016_01_05


12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。